ブログ一覧

審査結果ってどれくらいで届くのか

「1ヶ月もかかる?クレジットカードの審査結果の期間について」

クレジットカードを申し込んでから、審査結果が出るまでに、1日から1ヶ月かかります。
日数については、クレジットカードの種類や審査内容、信用情報によって違います。

ここでは、クレジットカードの審査期間についてお話しします。

審査期間は1日から1ヶ月程度

クレジットカードの審査期間は、クレジットカードの種類や会社、申込者の信用情報によって変わります。
その幅は広く、1日から1ヶ月程度です。

審査に時間をかかるのは、それだけ慎重に信用情報を調べているからです。

クレジットカードには信販系、流通系、銀行系などの種類がありますが、1週間ほどで審査結果が出るのが信販系や流通系です。
一番長いのが銀行系のクレジットカードで1ヶ月以上かかることもあります。

ただし、いつもお使いの銀行でクレジットカードを作るのなら、そんなに時間はかかりません。
審査結果も2週間ほどで出ます。

スピード発行なら1日で完了

EBからクレジットカードの申し込みができるようになってから、審査結果が出るのも早くなりました。
特に最近注目したいのが、1日で審査が完了するスピード発行です。

急な出張などでクレジットカードが必要になることもありますよね。
そんな時にスピード発行が便利です。

セゾンカードやアメリカン・エクスプレスカード、MFUGカードなどがスピード発行のクレジットカードです。
WEBで申し込んで、審査に通れば次の日にはカードを作れますので、お急ぎの方におすすめです。

信用情報に自信があり、なるべく早くクレジットカードを手に入れたいのであれば、まずはスピード発行のクレジットカードから申し込んでみるといいでしょう。

最短30分のクレジットカードもある?

審査結果が1日で出るのも早くて驚きですが、中には30分で出てしまうクレジットカード会社もあるのです。
最短30分で審査結果が出るのは、アコムなどの消費者金融会社のクレジットカードです。
公式サイトからのWEB申し込みの後に、すぐに電話が入り応答したのちに、最短では30分で審査結果が出ます。

無人機によるクレジットカード申込みも可能ですが、キャッシュカードの受付しか行なっていない無人機もありますので、公式サイトからのWEB申込みの方が確実ですね。

このように、種類や信用情報などで審査期間が大幅に変わってきますので、それも含めて、自分に合うクレジットカードを選べるといいですね。
審査期間が短いのが良いクレジットカードとは限りません。
契約内容なども確認した上で慎重に選びましょう。

2015年08月05日

審査結果の内容

「合否結果だけ?クレジットカードの審査結果の内容について」

クレジットカードの申し込みをしてから、1日から1ヶ月ほどで審査結果が出ます。
審査結果は、最近はメールの方が多いですが、書面の会社もあります。

どちらにしろ、審査結果のお知らせには何らかの内容が記載されています。
ここでは、そzの内容についてお話ししします。

審査結果の内容は

審査結果の内容は、メールの場合ですと「審査に通ったこと」が記載されており、その後、どのようにしてクレジットカードを受け取れるのかの案内が載せられています。
クレジットカードの郵送に関しては、本人限定受取郵便でしか取り扱われません。

審査に通った場合は、本人以外の人にクレジットカードを渡すわけにはいきませんので、本人限定受取郵便の受け取り方についての案内も詳しく載せられています。
受取時には、どんな本人確認書類が必要なのか?
クレジットカードが届いてからのカードの扱いについても詳しく載っていますので、しっかりとチェックしておきましょう。

落ちた理由は教えてもらえないのが常識

残念ながらクレジットカードの審査に落ちてしまった場合でも連絡は来ます。
しかし、なぜ落ちたのか?という理由については明かさないことになっていますので記載されていません。

審査に通る自信はあったのに、通らなかった場合は、かなり不満が募りますよね。
だからこそ、審査に落ちた理由を聞きたくなると思います。

仮に問い合わせたとしても理由は教えてもらえないことになっています。
申し込みの時点でそのお断りが記載されているはずですからチェックを見落とさないようにしましょう。

具体的な審査基準

クレジットカードの審査は「収入」「返済能力」「住居環境」の3つに重点を置いて行なわれます。
それを踏まえて以下のような点を重点的に審査します。

年齢

クレジットカードが作れる年齢は18歳以上です。
年齢が高いほど返済能力があると見なされるので有利です。

職業、勤続年数


職業と勤続年数は、審査基準としてかなり重要です。
在籍確認の電話も職場にかかりますし、もし働いていないと見なされた場合には審査に通らない可能性が出てきます。

年収、職場の規模

年収や職場の規模も審査内容に含まれます。
特に年収は、返済能力を判断するための重要な材料となります。

住居環境、居住年数

どんなところに住んでいるのか?住宅ローンはあるのか?なども審査されます。
居住年数は長いほど有利です。
1つの場所に定着して住んでいることで、返済できなくなった時に逃げられる可能性が低くなるからです。

他に借り入れがないか?

かなり重要な審査基準です。
他で借り入れをかなりしていると審査に落ちてしまうことがあります。
年収から見た時、どれくらいの借り入れがあり、どれくらいの返済能力があるかがポイントとなります。

このように審査結果の内容は、通った場合は次の案内を、通らなかった場合には理由は決して明かされませんので、頭に入れておきましょう。

2105年08月14日